• ホーム
  • 市販薬のクラリチンEXで花粉症に備える

市販薬のクラリチンEXで花粉症に備える

2019年10月07日

ドラッグストアなどで購入できる花粉症対策の薬ということで言えば、クラリチンEXという薬があります。この薬は花粉やハウスダストなどによる鼻アレルギーの緩和を目的にした薬です。鼻アレルギーにより、鼻炎や鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどの症状が起きます。単なる鼻炎などの症状であればドラッグストアでもたくさんありますが、アレルギー専用鼻炎薬ということになると商品数が少なくなりますので、ドラッグストアで購入することができるという意味で貴重です。ただ、クラリチンEXは要指導医薬品に該当しますので、薬剤師による説明を受けてから購入しなければいけない薬で、インターネットによる販売は認められていません。

クラリチンEXは1日1回1錠服用するだけで、効き目が持続するというのが何よりもメリットです。元々医療用で使用されていた薬が、市販薬として販売しているという側面がありますので、効き目があるということは確かなことです。1日1回だからと言って、適当な時間に服用するのはあまり意味がありません。せっかく1日1回で効き目が持続するということですから、食後などの毎日決まった時間に服用をしたほうがいいです。決まった時間に服用することによって、同じようなサイクルを回すことができますし、飲み忘れを防ぐことにも繋がります。こういう薬を服用すると風邪薬みたいに眠くなりやすいと思いがちですが、服用したとしても効果がきちんと継続しますし、眠くなりにくいですので、何らかの活動中に集中力が低下するなどのことはありません。脳に入りにくい抗ヒスタミン薬ですので、眠くなりにくいという特徴を持ちます。眠くなりにくいということですので、仕事中や学習中に集中力や判断力などの低下を招くことが少なくなるのがいいところです。

クラリチンEXは抗アレルギー作用を持つ抗ヒスタミン薬です。花粉などが体内に入ると、アレルギーの原因物質であるヒスタミンが体内に放出します。ヒスタミンが体内に放出して、神経や血管などに結びつくことによりアレルギーが発症します。抗アレルギー作用というのは、ヒスタミンが体内に放出するのを防ぐ役割があり、抗ヒスタミン作用というのは、ヒスタミンが神経や血管などに結びつくことを防ぐ役割があるということです。また、クラリチンEXは抗アレルギー作用を持つということですので、鼻炎が始まりそうだなという時に服用するのが望ましいです。花粉症が悪化する前に未然に防ぐというのがポイントになってきます。